メイン画像

ビーチポイント
ー ファンダイビング ー

ビーチエントリーで驚異的な生物層

南の島ではボートダイビングが主流の島が多いですが、

奄美大島ではビーチエントリーが出来るポイントもあります。

ビーチでもボートに引けを取らない見所たっぷりのポイントで、

到着日からダイビングを楽しみたい方や、

いきなりボートは不安な方も安心して楽しんでいただけます。

倉崎ビーチ 人気種が目白押し。いつまでも潜って居たくなる様なポイント。

倉崎ビーチ地図
ビーチへの移動時間:3分
ダイビングスタイル:ビーチ
最大水深:30m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:通年

ここがおすすめ!

ネイティブシー奄美目の前にして、一級品のビーチポイント。水深3mからウミウシ、ハゼ、ハナヒゲウツボ、ギンポ等人気種が目白押し。生物好きやフォト派はいつまでもいつまでも潜って居たくなる様なポイント。

出会える生き物たち!

ハゼ…アオギハゼ、アカテンコバンハゼ、アカネダルマハゼ、アカメハゼ、オキナワベニハゼ、キイロサンゴハゼ、クサハゼ、 アカスジウミタケハゼ、パンダダルマハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ホムラハゼ、ヤシャハゼ、オキナワハゼsp、 アカホシイソハゼ、ウミショウブハゼsp、アオハチハゼ、マスイダテハゼ、フタホシタカノハハゼ、ケショウハゼ、 ヒメダテハゼ、ハチマキダテハゼ、ヒメクロイトハハゼ、クロユリハゼspなどハゼは100種類以上!

甲殻類…イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ、ニセアカホシカクレエビ、ウミウシカクレエビ、ホヤカクレエビ、 ヨコシマエビ、ミカヅキコモンエビ、ソリハシコモンエビ、フリソデエビ、スカシモエビ、コトブキテッポウエビ、モシオエビ、 ムチカラマツエビ、モンハナシャコ、ホンカクレエビsp、コトブキテッポウエビ、ダンスゴビーシュリンプ等

魚類…ハナヒゲウツボ(成魚・幼魚)、リングアイジョーフィッシュ、アカククリ、顔に十字模様があるハナビラクマノミ、 ハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミ、ハリセンボン、コクテンフグ、ニシキテグリ、クレナイニセスズメ、イナセギンポ、 ウミヅキチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオ、ハナゴイ、キンギョハナダイ、ヨスジフエダイ、ノコギリダイ、 アカヒメジ、イシガキダイ、イロブダイyg、カエルアンコウ、ミナミハコフグyg等

スーパービーチです。冬場シーズンはウミウシもたくさん観察出来ます。

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

手広海岸 ウミウシダイビングにうってつけのポイント

手広海岸
ビーチへの移動時間:10分
ダイビングスタイル:ビーチ
最大水深:10m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:通年
見所:ウミウシ、カメ、地形、透明度

ここがおすすめ!

冬場の北風のシーズンに穏やかになるポイント。外洋に面しているビーチで透明度が良く、岩場の地形が変わった雰囲気をしている。見所はウミウシの多さと擬態する生物の多さ。ウミガメが寝ている穴があり、ウミガメ遭遇率も高い。ウミウシは南の島らしい鮮やかなウミウシから唸る様な小さいウミウシ、珍しいウミウシとウミウシダイビングにはうってつけのポイント。

出会える生き物たち!

シマイソハゼ、ツマジロオコゼ、ハダカハオコゼ、タツノイトコ、コールマンピグミーシーホース、 ゴルゴニアンピグミーシーホース、アオウミガメ、イシガキカエルウオ、ヒトスジギンポ、フタイロカエルウオ、 ミナミハコフグyg、サザナミヤッコ、ハナミノカサゴ、キリンミノ、カンムリベラyg、ウミウシ多数

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

和瀬海岸 サンゴ礁の群生は見事!

和瀬海岸
ビーチへの移動時間:45分
ダイビングスタイル:ビーチ
最大水深:8m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:冬期(北風の時期)
見所:フィッシュウォッチング、サンゴ、マクロ

ここがおすすめ!

サンゴ礁の群生は見事!6月半ばサンゴの産卵が観察出来るポイントでもあります。テングカワハギやキンチャクガニ、ミナミハコフグの幼魚などの変り種も多く、ウミガメもたまに見られる。

出会える生き物たち!

テングカワハギ、ミナミハコフグyg、クマノミ3種、イッテンチョウチョウウオ フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、アカテンコバンハゼ、イソハゼ各種、 キイロサンゴハゼ、デバスズメダイ、ネッタイスズメダイ、キンチャクガニなど

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

ピアテグリ ニシキテグリがいっぱい!

ピアテグリの地図
ビーチへの移動時間:7分
ダイビングスタイル:ビーチ
最大水深:8m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:通年、サンセットが○
見所:フィッシュウォッチング、写真、マクロ、ウミウシ、ニシキテグリいっぱい

ここがおすすめ!

風に強く、台風前でも潜れる。湾奥のポイントなので透明度はよくありませんが、その分湾奥を好む魚が多いです。時に見所なのはニシキテグリ。うじゃうじゃと言っても良位観察できます。日本で一番ニシキテグリが観察出来るポイント!…だと思います。6月~9月は産卵行動も観察出来ます。日本では珍しいヤスジチョウチョウウオも多い。

出会える生き物たち!

魚…ニシキテグリ、イチモンジコバンハゼ、白化イソギンチャクとハマクマノミ(夏限定)、ネオンテンジクダイ、ヤライイシモチ、ヤスジチョウチョウウオ、アオハチハゼ、ニュウドウダテハゼ、フタホシタカノハハゼ、アカメハゼ、キイロサンゴハゼ等ナイトダイビング…ニシキテグリの産卵、カエルアンコウ、フタホシコシオリエビ、トゲツノメエビ等甲殻類多い。

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

サンセット(ニシキテグリ観察)ダイブ

  • サンセット(ニシキテグリ観察)ダイブ

おすすめツアーその①

サンセットダイブとは、名前の通り夕陽が見える時間に潜るダイビングのことです。

昼間潜ったけど、夕方もう一本潜りたい!と言う方、サンセットで観察しやすい生物を見たい&撮りたい!と言う方へオススメのダイビング。

サンセットでしか見れない生物の生態シーンもありますよ!

出会える生き物たち!

夕方になると活発に動き始めるニシキテグリ!南の島でしか観察出来ず、昼間はサンゴの奥に隠れているのでサンセットでしかなかなか出会えません!ポイント:ピアテグリ

料金表

1ダイブ目 ¥6,000+税
2ダイブ目以降 ¥4,000+税

海の宝石 ウミウシダイビング

  • ウデフリツノザヤウミウシ

5月末までの期間限定 おすすめツアーその②

奄美大島は知る人ぞ知る、ウミウシパラダイス!

南方系のウミウシと本土のウミウシ、そして奄美大島独特のウミウシが生息する素晴らしいウミウシフィールドなのです。

奄美大島だけで撮影されたウミウシ写真集が出版されている位、奄美大島はウミウシが多いダイビングエリアなんです!

おすすめのウミウシ

ウミウシは世界中で3000種類以上の種類が居るとされています。 形・色も多種多様ですが、ここでほんのちょびっとだけ、奄美大島で観察出来るウミウシをご紹介します。

シンデレラウミウシ

もうベッタベタなウミウシですいません笑でもベタって事は有名で、有名って事はそれなりの魅力があるっていう事ですよね!? 2月頃から普通に観察出来るウミウシで、名前の由来はガラスの靴に似てるから? それともブロンドヘアーが綺麗だから?はたまた紫のドレスのせいなのか?

アカテンイロウミウシ

アカテンイロウミウシ

こちらも美人系のウミウシ。このウミウシに会いたくてダイビングを始めた!なんていう話も聞きます。それだけの美しさがあるウミウシです。 ちなみに春先、ナイトダイビングで大量発生してました。アカテンイロウミウシはウミウシの中でも比較的大きいので、撮影もしやすいウミウシですよ。

料金 ビーチダイビング価格をご参照ください。
お申し込み時にウミウシダイビング希望の旨お申し出ください

※Cカードをお持ちの方なら、どなたでもご参加頂けます。

※ウミウシの観察するダイビングであり、生態を学ぶダイビングではありません。

※当日の海況によってはウミウシダイビングの開催が出来ない場合もございます。

HPに写真掲載!

写真を撮影されたダイバーの方で、ネイティブシー奄美のHP「水中写真」コーナーの ウミウシページに載っていないウミウシを撮影された方!! 写真を掲載させて頂きます。撮影者の名前もご希望の場合掲載しますので ウミウシダイバーとしての名を馳せるチャンス!?

夏の時期限定
ニシキテグリ産卵ナイトダイビング

  • ニシキテグリ産卵ナイトダイビング

6月中旬から8月下旬までの間、ニシキテグリの産卵行動が観察出来ます。 普段は臆病なニシキテグリがカップルで寄り添いサンゴから出てくる姿は感動的。雄同士のケンカやメスへのアプローチなども見応えたっぷりです。 観察出来る確率は90%位。ほとんど毎日観察出来ますよ。 観察出来る時刻&ダイブタイム ニシキテグリの産卵は日の入りの時刻に行われます。その日によって多少ズレもありますが、ほぼ観察する事が出来ます。 日の入り30分前にエントリーし、約50分~60分位潜ります。

料金表

1ダイブ ¥7,000+税

※1人様からご案内させて頂きます。

※当日空きがある状況でしたら当日予約でも大丈夫です。

※ナイトダイビングスペシャリティ以上のライセンスをお持ちの方が対象となります。