メイン画像

外洋ポイント
ー ファンダイビング ー

ドロップオフ、砂地、マクロ。
奄美大島ならではのバリエーション

極上の透明度で癒されるオアシスの様なポイント、

ウミガメが住んでいるポイント、洞窟の様な地形ポイント、大物ポイント、

群れを楽しむポイント、マクロポイント、非常にラインナップが充実しています。

移動中にボート上から夏はイルカ、冬はクジラと出会う事もあります。

4月~11月はマップ左手の東シナ海に潜り、、12月~3月はマップ右手の太平洋側に潜る事が多いです。

※海況によっては冬場に夏場エリアに潜る事もあり、逆もあります。目安としてご参考下さいませ。

インオアシス 奄美北部の中で一番の透明度

インオアシスの地図
ボートの移動時間:35分
ダイビングスタイル:アンカリング
船下の水深:7m~11m
最大水深:20m
レベル:初級~
潮の流れ:時にあり
シーズン:夏場に行き易い
見所:フィッシュウォッチング、写真、ウミガメ、透明度

ここがおすすめ!

奄美北部の中で一番透明度が良いポイント。砂漠のオアシスの様に、美しい砂地に魚が集まる根がある。砂地の根は大型種のクリーニングステーションでもあるので、マダラトビエイに出逢う事もある。リーフにはウミガメが多い。根の小魚の被写体も多いのでゆっくり根で過ごすのも楽しい。スキルに自信がない方でもウミガメなどの大物を狙える嬉しいポイント。

出会える生き物たち!

魚類…タイマイ、スカシテンジクダイ、キンギョハナダイ、フタイロハナゴイ、ミヤケテグリ、カシワハナダイ、 ハダカハオコゼ、クロホシイシモチ、イッテンチョウチョウウオ、クロユリハゼ、ハタタテハゼ、クビアカハゼ、ガラスハゼ、 ベンケイハゼ、ゴールデンイールモレイ、モンガラカワハギ、マダラトビエイ、イソマグロ、アオチビキ、チンアナゴ、 コホシカニダマシ、クマノミ、ハナビラクマノミ、ハマクマノミ、ナミダクロハギ、ハナゴイ、シコクスズメダイ、イッテンチョウチョウウオ、 ハクテンカタギ、ミヤケテグリ、ツムブリ、クマドリカエルアンコウ等

甲殻類…オランウータンクラブ、アナモリチュウコシオリエビ、ガンダムに似てるエビ、アカシマシラヒゲエビ、 サンゴテッポウエビ、オトヒメエビ、フリソデエビ、コホシカニダマシ、オリヅルエビ、ホヤエビsp等

その他…アオウミガメ、タイマイ等

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

アサヒガーデン 岩場の崖にはハナゴンベやスミレヤッコなどの美しい小魚。

アサヒガーデンの地図
ボートの移動時間:25分
ダイビングスタイル:アンカリング
最大水深:5m~24m
レベル:中級~
潮の流れ:時にあり
シーズン:夏場に行き易い
見所:フィッシュウォッチング、写真、甲殻類、ハナダイ

ここがおすすめ!

水深5mの岩場から水深20mまで一気に落ちる地形で、下は砂地が続いています。岩場の崖にはハナゴンベやスミレヤッコなどの美しい小魚。メインの根はスカシ・キンメ・マイワシ・ケラマハナダイが乱舞し、目を奪われる。

出会える生き物たち!

魚類…ケラマハナダイ、フタイロハナゴイ、アザハタ、キンメモドキ、スカシテンジクダイ、マイワシ、ハナゴンベ、ツバメタナバタウオ等

甲殻類…オランウータンクラブ、アナモリチュウコシオリエビ、ホワイトソックス、バイオレットボクサーシュリンプなど

その他…アオウミガメ、アカウミガメなど

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

スクエア 浅場ながらも地形が楽しめるNEWポイント。

スクエアの地図
ボートの移動時間:20分
ダイビングスタイル:アンカリング
船下の水深:8m~15m
最大水深:15m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:夏場に行き易い
見所:地形、透明度、浮遊感フィッシュウォッチング

ここがおすすめ!

浅場ながらも地形が楽しめるNEWポイント。クレパス状の地形を上がって行くと、大きなゴロタの広場(スクエア)があり、めくるとキンチャクガニが沢山。少し暗い穴に入る入るドキドキ感、そこに射し込む光も綺麗。透明度もいつも良いので、南国感もたっぷりです。

出会える生き物たち!

魚類…イソスズメダイ、ヒメスズメダイ、イワサキスズメダイ、キホシスズメダイ、キビナゴ、ロウニンアジ、ホワイトチップシャーク、グルクマ、オドリハゼ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、メガネゴンベ、

甲殻類…キンチャクガニなど

その他…アオウミガメなど

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

デッショ 奄美北部の一番人気ポイント。

デッショの地図
ボートの移動時間:25分
ダイビングスタイル:ブイ
船下の水深:8m
最大水深:40m
レベル:中級~
潮の流れ:時に強い
シーズン:夏場に行き易い
見所:フィッシュウォッチング、群れ、マクロ、透明度、地形、ディープ

ここがおすすめ!

奄美北部の一番人気ポイント。エントリーすると、ドロップオフの地形と、水面近くに群れるカスミチョウチョウウオの群れがお出迎え。ハゼ狙いで深場に降りるのもヨシ、ゴロタでエビカニ探しもヨシ、潮上で群れに癒されるのもヨシ。大物も時に流れてくる。息のつけないポイント。ピグミーシーホースも水深20mで観察出来る。

出会える生き物たち!

ハゼ…ハタタテハゼ、ゼブラハゼ、クロユリハゼ、アケボノハゼ、スジクロユリハゼ、ピンクダートゴビー、オグロクロユリハゼ等

甲殻類…ホシゾラワラエビ、キンチャクガニ、フリソデエビ、クビナシアケウス、ロボコンエビ、トゲコマチガニ、オオアカホシサンゴガニ、クビナガアケウス等

魚類…カスミチョウチョウウオ、ナンヨウハギ、ダンゴオコゼ、ニシキフウライウオ、キンギョハナダイ、アカモンガラ、セナキルリスズメダイ、メガネゴンベ、ホシゴンベ、シテンヤッコ、タテジマキンチャクダイ、カシワハナダイ、ミヤケテグリ、ロウニンアジ、マダラトビエイ、オオセ、スミレナガハナダイ、ピグミーシーホース、ハナヒゲウツボ、イソマグロ、オキナワサンゴアマダイ、ベニゴンベ、ヒメヒラタカエルアンコウ、クジャクベラなど

冬場シーズンはウミウシがたくさん観察出来ます。

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物

ウキウキラブラブ 天気が良い日にオススメの地形ポイント。

ウキウキラブラブの地図
ボートの移動時間:25分
ダイビングスタイル:ブイ
船下の水深:8m
最大水深:18m
レベル:初級~
潮の流れ:ナシ
シーズン:夏場に行き易い
見所:透明度、地形

ここがおすすめ!

天気が良い日にオススメの地形ポイント。洞窟やアーチ、水中トンネルなどが点在する、地形派ダイバーにオススメのポイント。水深は最大18mと地形ポイントとしては浅く、潮の流れもないので初心者でも安心して潜れます。プチトンネル、祈りの間、懺悔ホールとそれぞれ名前が付いた穴があり、うきうき気分で楽しめるポイント!

出会える生き物たち!

魚類…ツバメタナバタウオ・オヤビッチャ・クロユリハゼ・ハタタテハゼ・ミヤケテグリなど。

甲殻類…ウズラカクレモエビ、トサカガザミ、アカツメサンゴヤドカリ、カザリサンゴヤドカリなど

地形をメインで楽しむポイントです。

海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物
海の生き物